スポンサーサイト

  • 2014.12.06 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

ブログ再開と引越のお知らせ

  • 2014.12.06 Saturday
日本への帰省から、数日前に戻ってきた。4週間の滞在は短かったのか長かったのか、よく分からない。異文化からいっとき離れ、慣れ親しんだ文化に身をおいて羽を伸ばすつもりだったが、思うようにはいかなかった。今回はハリルも一緒だったので、なんとなくクミシュテペを引きずって帰ったような感じだったのだ。あるいは、何年もかけて自分の生活スタイルを変えてきたので、その分日本の暮らしが遠のいてしまったのかもしれない。
そうは言っても、家族や親戚に会い、買物もたくさんして70kg以上の荷物を持って戻ってきたので満足すべきだろう。日本の日常を垣間見ることで、あらためて思うことも多くあった。それについては、忘れないうちに書こうと思っている。

よくないニュースが一つ。帰ってきたら、このブログは閲覧できなくなっていた。おそらくイラン全国でJUGEMのブログが見られなくなったのだと思う。規制されて閲覧できなくなるサイトは増えている一方で、Amazon.co.jpのように規制が解除されて見られるようになったサイトもある。このブログも、規制を回避するプログラムを使えば見られないことはないのだが、そうすると読み込みに時間がかかって面倒なので、実用的ではないのだ。
JUGEMがブロックされたらブログはやめると当初は書いていたけれど、その後ブロックされていないサービスをもうひとつ見つけたので、応急措置としてそちらに移ろうと思う。

砂漠人5:http://sabakujin.blog.shinobi.jp/

それでは、ひきつづき、おつきあいください。。

日本への帰省

  • 2014.11.03 Monday
いよいよ、日本へ向けてクミシュテペを発つときがきた。猫が心配で仕方がないのだが、ナーセルの奥さんにお願いして出て行くことになる。まだ十一月なので、寒さでどうにかなることだけはないだろう。猫箱もすでに大人気だし、きっとだいじょうぶだ。
さて、今回は四週間という短い滞在なので、ほとんど友人には会えないと覚悟している。両親と、遠くに住む祖母と過ごして、歯医者と美容院に行けたら万々歳だ。それからクミシュテペでは体験できない買物の楽しみもある。砂漠的日常を忘れて、どっぷりと当たり前の(?)世界に浸ってきたいと思う。この寒い時期にバーベキューをやる気満々のハリルも一緒なので、どこまで普通に過ごせるのか不安もありますが。
それでは、また砂漠から一か月後に発信します。みなさまお元気でお過ごしください。

いよいよ帰国

  • 2013.10.20 Sunday
いよいよ今週、日本に帰国する。二年二ヶ月ぶりに。
今回の滞在期間は二ヶ月なのだが、人に会ったり溜まっている雑務をこなすことを考えると、それほど長い時間ではないかもしれない。それからずっとあたためていたトルクメンの手仕事(民芸品)を売る仕事も、この帰国を機に一気に進めて、冬のあいだに販売を始めたいと思っている。あくまでも目標、だが。まずは、ネットショップで販売することを考えているので、開店したらもちろんこのブログでお知らせするつもりだ。
そういうわけで、今回の帰国時にはブログを更新することがあるかもしれないが、次のイランからの更新は、クリスマス以降になる予定。また日本では頻繁にEメールをチェックできないので、お返事が遅れることがあると思います(急ぎの連絡は、実家まで電話ください)。

それでは、日本でお会いする方々もそうでない方々も、みなさまお元気でお過ごしください。ちょっとさみしくなりますが。

テレビ放送のあとで

  • 2013.07.27 Saturday
金曜日の夜の放送のあと、「見たよ!」というコメントやEメールを続々と受け取った。保育園、小学校、中学校、高校、大学、その後…と同じ時間をともにした人たちから、またブログを通じて知り合って親しく感じている方々から、さらに初めてコメントくださった方々まで、たくさんメッセージをいただいて、そのひとつひとつが自分の力になっていくように感じた。想像していたよりも、ずっと大きな励ましをもらった気持ちだ。本当にありがとうございました。
テレビの取材が来たときは、三人の甥っ子やその友人たちがそれぞれの持ち場で働き始め、家の工事も始まり、とにかく慌ただしい最中だった。ところがその後、うちの仕事にも家の工事にも少しずつ暗雲が垂れこめ、従業員は一人去り、二人去り、しまいに甥っ子たちも全員去っていった。家の工事はあまり進まないまま、職人に対する不信感が募ったため、いったん作業中止とした。激しかった人の出入りがなくなり、まかないもなくなり、ほっとしたと同時に虚脱感に襲われていたところに、ブログにフィルターがかかった。だから、ブログを続けるのはもう諦めようと思った。いくつもの希望が消えてしまい、気がくさくさしていたのだ。
ハリルと出会って以来、書き始めたブログだが、もちろん途中で「やめよう」と思ったことは何度かあり、その度に「自分の思い出アルバムにもなるから」と思って続けてきた。わたしがブログを書く理由は、読んでくれる人に暮らしの内容を紹介したいということも大きなひとつだ。それはわたし自身が色々な人のブログを読むとき、そのライフスタイルを見せてもらうのがなによりもおもしろいと思うからである。こんな生き方をしている人がいるのか! という衝撃は、確実にあるひとつのイメージとなって、自分の中に蓄えられていく。そういうひとつのイメージになりうる「暮らしぶり」をハリルに見出したとき、「これは記録しなくては」と感じたのだ。だから初めから、このブログは「砂漠人ハリル」のライフスタイルについて書くことがテーマになっている。もちろん、ハリルを目指してきた自分自身も、少しずつ砂漠人になってきているはずだが。
「砂漠人3」で終わりにしようと思ったけれど、ここまできてブログを熱心に読んでくださる方々とも懇意になっている。わたし自身がそのことで日々大きく励まされ、楽しみ、自分の暮らしの一部になっていると気づいたとき、ほとんど無意識に新しいアカウントを作っていた。イランの中でも辺境の、ほとんど「忘れられた」地域で、記事を書かずに、記録を残さずに暮らし続けるのは自分にとっても厳しいことだ。もしこのブログにもアクセスできない状況になったら、わたしはどうにかして「砂漠人5」を作るか、またはいつか本にするために原稿を書き始めるだろう。だからどうか、「砂漠人」というキーワードを覚えていてほしい。
さて、なんだかしめっぽくなってしまったが、またブログを続ける前にあらためて、ごあいさつでした。メッセージをくださるみなさん、だんまりだけど読んでくださるみなさん(笑)、いつもありがとうございます。いただいたコメントには、その記事のところに返信しますのでお目通しください。

テレビに出るよ

  • 2013.07.20 Saturday
日本にお住まいの方へ、ビッグニュースです(?)。
来週、わたしたち砂漠人がテレビに出ることになった。

7月26日(金)夜9時〜 テレビ朝日系
「世界の村で発見! こんなところに日本人」


世界中のこんなところあんなところに住む日本人を、旅人が訪ねるという内容だそうだ。まあでも、わたしたちが映るのは十分くらいとのこと。そんな番組があると友人から聞いたとき、いつかうちにも来るんじゃないだろうかと思ったのだが、取材の依頼は思ったよりずっと早くやってきた。イランに移ってまだ一年ちょっと、いまだに落ち着いた生活ができていない状態での取材だったので、どんなふうに編集されたのか、じつはとても不安に思っている。ブログでは隠している家の美しくない部分や、わたしの顔や声なんかも、すっかり明らかにされてしまうのではないだろうか。恐ろしい。
しかしながら、自分の生活を客観的に見せてもらうという機会はなかなかあるものじゃない。それを知るのがとても楽しみでもある。それからスタッフには日本からはるばる取材に来ていただいて、わたしたちにとっていい思い出になった。ちなみにわたしが番組の内容を見られるのは日本に帰国したときになりそうなので、番組を見たらぜひ、感想を聞かせてください。
放送まであと一週間。「期待と不安が入り混じる」とは、まさにこのことじゃ。

記事一覧

カテゴリ

アーカイヴ

プロフィール

コメント

PR

リンク

このサイトを検索

その他

モバイル

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM