スポンサーサイト

  • 2014.12.06 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

西側の壁

  • 2014.10.31 Friday
ハリルが急いで処理しようとしていた西側の壁は、結局、漆喰は塗っていない。その代わり、去年窓を取り替えたためにレンガがむき出しになってしまった壁の一部を、銀色の素材で覆う作業をする職人が来た。



職人は、銀色の防水シートを切って、ガスバーナーを燃やして貼りつけていた。ほんのちょっとの面積を仕上げるのに、マッチを一箱以上消費していたのだが、いったいどうしたらそういうことになるのだろうか。


こどもが助手。一丁前に働いていた

これで窓枠や壁からの浸水はないと保証していたそうだが、よく見ると、アルミの窓枠に銀色のシートがべったり貼りついて、ガラス窓に掛かる勢いの部分もある。いくらクミシュテペとはいえ、こういう雑な仕事をする人はいい職人だとは思えない。中古のガスバーナーを買った人が、それを使ってお金を稼ごうとしているだけなんじゃないだろうか? と、あらぬ疑いをかけてしまう。



これで、とりあえず窓枠と壁からの雨漏りはなくなるというわけだ。ただ豪雨のときの雨漏りは、わたしの分析によれば、窓枠と窓ガラスのあいだから入ってきていたのである。これだけでは雨漏りを完全には防げない。
そこで雨がなだれ込んでくる窓の上部分を覆うように、小さな屋根をつけられないかと別の職人に聞いたところ、現場を見に来た上で、そういうことはできないとのことだった。はい、そうですか。
店舗なんかでつけているビニールの覆いをかければいいとのことだったが、それはオレンジ色の変なかたちの屋根のことだ。一年くらいで破れそうだし、いいアイディアとは思えない。動物たちはどう思っているんだろうか。


「もうちょっといい方法があると思うよ」(ジャポン)


「シートの貼り方よくないね」(バートゥル)


「ボクを撫でて! かわいがって!」(ガチガチ)


「どーでもいいよzzzz」(バグティ+キング)


「おうちに入りたい」(ロミ夫)

自分で鉄板を切って屋根を作ろうかとも考えたが、結局は日本で防水シートを買ってこようと結論づけた。窓が隠れるようにシートをベランダから吊るせば、少しは雨漏りを防げるのではないだろうか。あとは、隙間テープで窓枠と窓のあいだの隙間を塞ごうと思っている。
観音開きの窓の雨漏りを防ぐいいアイディアがあったら、なんでもいいので教えてください。

スポンサーサイト

  • 2014.12.06 Saturday
  • -
  • -
  • -
コメント
状況が完全にわかっているわけではないのですが、窓枠とガラスの隙間から水がもれるなら、その隙間をコーキング材で埋めればいいと思います。日本ならホームセンターに売っているシリコン・コーキングを使えばいいと思うのですが手に入りませんか。上手に施工するには多少の訓練がいりますが、とりあえずの補修なら素人でもなんとかなると思います。ガラスは堅いものでくっつけると建物の振動が伝わって割れてしまいやすくなります(特に日本の場合)。それでゴムとかシリコンが使われます。シリコンは種類がたくさんあるので買うときに店の人に相談することを勧めます。
  • kaguma
  • 2014/11/03 6:51 PM
観音開きの上の隙間から雨が入るのでしょうか。窓枠の形状によりますが、枠と戸の間に隙間があるから水がもるわけですので、その隙間を埋めるようなものを付ければいいと思います。おそらく数mmかもっと狭い隙間だと思うので、枠と戸の当たる部分に薄いゴムを張り付けて隙間をふさぐことがよいのではないでしょうか。
蝶番部分など隙間がふさげない場合は枠の内側に狭い板を取り付けて戸と枠が四角く隙間なく密着するように工夫してみてはどうでしょうか。
写真からみた壁の形状からして庇(ひさし)を付けることも有効だとは思うのですが、庇の取り付け部と壁に隙間ができてそこから水が漏るような気がします。
  • kaguma
  • 2014/11/04 12:42 PM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

記事一覧

カテゴリ

アーカイヴ

プロフィール

コメント

PR

リンク

このサイトを検索

その他

モバイル

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM